1024_768_2

三年越しの夢を叶えた原動力は、純粋なまでのおやじの息子への愛だった

2010年5月。
中国で「海洋天堂」のプロモーションが始まり、画像や映像が公開されました。
あの時、私たちはこの映画を“どうしても日本語の字幕で観たい”と願いました。

同じ年、一人のおやじが“この映画を自分が主催して自主上映会をしたい”と願いました。

翌年、私たちはこの映画を劇場で観ることができました。
そしてその余韻に浸りながらも、次のジェット・リーの新作映画に興味が移って行きました。
しかし、おやじはずっとずっと活動し続けました。夢を叶えるために☆

2013年5月3日
とうとうおやじは、最高の環境で最高の音と映像で夢を実現しました

そのおやじとは、「ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!」活動でご縁をいただいたマサキングさん。
ご自分が代表理事を務める特定非営利活動法人「おやじりんく」主催で夢だった「海洋天堂」の上映会をとうとう開催したのでした。
当日は、ゴールデンウィーク真っ最中にもかかわらず大勢の方たちが足を運んでくださったそうです☆

「海洋天堂」上映会

その時の様子は「おやじりんくホームページ」の活動報告で紹介されております。
そして、それまでに至るご苦労と想いを、ご自分のブログ「マサキングの子育て奮闘記」に書いていらっしゃいます。
『夢かなう日1』
『夢かなう日2』

これらの記事を読み、更にこの3年の間に書かれた「海洋天堂」関連の記事を読んでいると、親子愛、夫婦愛、そして家族愛がひしひしと伝わってきました。
障害という環境におかれたことを決して後ろ向きに考えず、常に前を向いて進んでいくマサキングさんの姿は、本当に清々しく私達に希望を与えてくださいます。

大阪の方でもこの映画の上映と講演を希望される方が多く、11月に大阪市内にて同じイベントが開催されることが決まったそうです。すごいね、おやじ☆v(`ゝω・´)☆

紹介させていただいた動画は、連杰ファンにとってはもう見慣れたものかもしれませんが、
インタビューに答える連杰の姿が、マサキングさんと重なり、愛するものを守ろうとする“おやじ”の姿に胸が熱くなるのでした。

記事を書くにあたり、ブログへのリンクを快く承諾してくださったマサキングさんに感謝☆

  

コメントを残す