レザレクション-1

昭和女子の大好き要素満載な『妖魔伝 レザレクション』

今年に入ってやっとDVDレンタルが解禁の『妖魔伝 レザレクション(原題/画皮Ⅱ)』

いや~~~良かったですぅ~~(人´∀`).☆.。.:*・゚
想像以上に良かったですし、意見が別れるところかもしれませんが前作より好きでした☆
陳坤(チェン・クン)はますますイイ男だし、周迅(ジョウ・シュン)さんの可愛い&小悪魔っぷりも健在でしたが、趙薇(ヴィッキー・チャオ)さんが綺麗で格好良くて、彼女の本領を観た!って感じです( *´艸`)ウフフ

 

まずは主役の3人☆
前作から500年後ということで、狐の妖魔・小唯(ジョウ・シュン)は掟を破ったので氷の中に閉じ込められておりましたが、そこから逃げ出して心臓をくれる人間を探しています(そんな奴いるかな?)
小唯(ジョウ・シュン)

ヴィッキーさんは公主(皇帝の娘)で、男勝りに強いです。14歳のころクマに襲われ醜い傷を負い、やっぱり女は顔よね~と悩む。
靖公主(ヴィッキー・チャオ)

チェン・クンは靖公主(ヴィッキー)の家臣で弓の名手。
前回より男前度パワーアップしています☆美女達に振り回されてちょっと可哀想・・・かも。
霍心(チェン・クン)

楊冪(ヤン・ミー)と馮紹峰(ウィリアム・フォン)はコメディ部門担当。
ヤン・ミーちゃんはいつ見ても可愛いし、ウィリアム・フォンさんは、情けない役ではありますが好印象☆
雀児・楊冪(ヤン・ミー)と降魔師・馮紹峰(ウィリアム・フォン
この二人は只今売り出し中☆
ヤン・ミーちゃんは、休む間もないほど出まくっておりますし、ウィリアム・フォンさんは、なんかいいなぁ~と思ったら「太極Ⅱ」に出てた長男くんじゃないですか!!これはかなり期待の俳優さんと見た☆
素顔はかなりのイケメンです♪
 

主従関係にある男女の許されざる愛もなかなか良くって、「好きと言え」とせまる公主ヴィッキーさんと、家臣であるがゆえに言えない霍心チェン・クン。そこに妖魔ジョウ・シュンが入ってきて、なかなか見ごたえあり☆
予告や画像などで色々なシーンを観てたのですが、怪しげな蛮族なども出て来てこれらがどのように繫がっているのか、ちゃんとストーリーになっているのか、実のところ疑っておりました(スイマセン)
しかし!これがまた凄く自然に繫がっているのですよ~♪
よくありがちな「あれれ?」なところも無くて、すごく気持ちよく観れました♪脚本お上手です。

邦題は「妖魔伝 レザレクション」ですが原題は『画皮Ⅱ』
“化けの皮を剥ぐ”という言葉がありますが、
本当に皮を剥ぎます∑(-∀-ノ)ノ
 

天野喜孝氏の世界がいっぱい

コンセプトデザイン(概念図)を天野喜孝氏が手がけています。

ゲームをやる方には「ファイナルファンタジー」のイメージキャラを描いた方と言えばすぐにおわかりかも。
ゲームをやらない方も、本の表紙・挿絵・装幀などできっと目にしていると思います。
昭和女子としては、タツノコプロの人ってのに興奮いたしました(笑)
我々の世代はアニメはタツノコプロ、怪獣は円谷プロでしたからね(*´ェ`*)
あの「タイムボカン」シリーズも手がけているのですよ。ってことはドロンジョ様の生みの親☆

そんな天野氏の概念図が結構忠実に再現されておりました。

2012年の中国映画史における興行記録を次々と塗り替えた空前の大ヒットというのも頷けました。
妖怪とか綺麗なお姉さんや男装の麗人、ストイックなロマンス、スマートなアクション、息抜きのコメディ、綺麗な衣装や景色、妖しい入浴シーンなどなど、お楽しみアイテムがテンコ盛り♪でお好きな方は是非ご覧になってみてくださいませー☆
 

  

コメントを残す