至宝、感極まり落涙す。『出彩中国人』決勝戦はみなさん感動に溢れていました。

2月9日から始まった『出彩中国人』もとうとうフィナーレ。

日本から、リアルタイムで中国のテレビ番組が観れるなんて、数年前には考えもしなかったことでした。
この番組のお陰で、中国の文化や人々の様子を垣間見る事ができ、感動や感謝する気持ちは何ら私たちと変わらないなぁ~って嬉しくなりました(*´ェ`*)

初回から全11回、全部観ておりますが、出演したみなさん素晴らしくて改めて中国文化の凄さを感じました。
決勝に駆け上がった方たちも回を重ねるごとに進化していて、人は誰しも内なるパワーを持っているけれど、それを引き出すきっかけがなかなか掴めないもの。『出彩中国人』はそのきっかけを作ってくれる番組なのですね。昨今、オーディション番組が増えているのは、そういうことなのかな。

ありきたりですが、長いようで終ってしまえば短かったなぁ~。
『出彩中国人』最終回は、出演者も我らが愛するジェット・リーも涙・涙でございました。


 
https://youtu.be/miOgJlkRvZc
 
いつもは気軽に楽しんでいる感の連杰ですが、今回は感情移入が激しかったように思われます。
それも勝ち残った方々の背負っている人生が見えてきたからでしょうか。
 
まずは口元が愛らしい至宝様♪ 

 
お気に入りの飛行機お兄さんの神業を堪能。
演出がめちゃ素晴らしかったですよ☆


 
子供のように飛行機を追いかけすぎて、
こんなんなってます(;゚∀゚)ヤリスギ


 
チベットの孤児たちは、以前「笑顔を忘れずに」と声をかけていた連杰。
回を重ねるごとに明るさと自信が溢れてきました。
そんな子どもたちに感激な連杰。ちょっとウルウルしてます。


 
人は、背負う人生が重ければ重いほど謙虚になるのでしょうか。

 
そして連杰が堪らず声をつまらせ涙を流した中国古典弦楽器“中阮”奏者さん。
この30年間、苦労しながらも古典楽器の魅力を後世に伝え残そうと信念を貫き通した五十歳。同じように世界に武術を広めようと頑張ってきた連杰。80年代からの苦労を思い出し、思わず感情が溢れ出します(´;д;`)

最初に歌ったのは『郷愁四韵』故郷を想う歌だそうです。
2曲目は『龍的伝人』この歌にはこのような背景があったそうです。

どちらも連杰の心にグッときたのでしょうね。
とても良い歌です。

 

 

  
  1. うこ 2014年5月8日 at 5:13 PM

    とうとう最終回
    紹介ありがとうございました
    またちがった一面がみられたこと
    番組も楽しませていただきました(*゚▽゚*)

    Reply
    • kotarou 2014年5月11日 at 11:33 PM

      うこさ~ん☆

      本当に楽しかったね♪
      最初はどうなることかと思いましたが、いっぱい、いっぱい連杰を堪能できて、こんな贅沢もう無いかも。
      ブログに残せて本当に良かったです。

      お茶目だけど真面目な部分もあって、やっぱりAB型ってことなのかな(笑)

コメントを残す